これだけは知っておこう!ホームページ作成基本ルールとマナー

基本ルールとして見やすく作る

ホームページは誰が見てもいいように、見やすく作るというのが基本ルールです。デザインやレイアウトに注意して、訪れたユーザーが不快にならないように気を付けます。例えば、黒い背景にグレーの文字では見にくいでしょう。そこまで極端ではなくても、同系色を使い続けるということをしてしまうと見にくくなります。ただ、同系色を差し色に使ったりすることで、見易くすることはできます。それは高等テクニックかもしれません。色の使い方に自信がないのであれば、無理に使う必要はありません。無難に色を使い分けるだけでも十分に見やすくなります。配色を考えずに作っていたのであれば、配色を変えるだけでも見やすさは変わります。見やすさに気を付けるだけでもホームページを変えられます。

ユーザが読みやすいように情報の優劣をつける

ホームページに書いてある情報はそれぞれの重要度によって、伝えたい度合いが変わってきます。すべて同じ書体で、同じ色で、同じ大きさですと、どれが大事なのかが伝わりません。そのようなホームページではユーザーは読みにくいと感じてしまうのです。情報に優先順位をつけて、どれがどの程度重要なのかを区別すると良いでしょう。情報によっては、特に目立たせたいものがあるかもしれません。その場合は情報を文字ではなく、画像にするという手もあります。漫画にようにした画像に、情報のすべてが分かるように埋め込みます。このようにユーザーが読みやすい工夫をすることで、ユーザーに伝わりやすいホームページになります。この基本的なマナーを知っていないと、重要な情報を伝えられないホームページになるかもしれません。

ホームページ制作を外注する際はホームページ制作の実績をしっかりとチェックしましょう。どの様なホームページを制作したかやその制作によってどの様な効果をもたらしたかをヒアリング出来ればすると良いでしょう。